about

Happy Village Farm(ハッピービレッジファーム)は、長野県松本市波田(はた)にある「トマトと個性派野菜」を育てている農園です。オリジナル品種「ゆめみそら」トマトや「中福(なかふく)」南瓜、「信州黄金蕪」などの個性派野菜と信州在来の鞍掛豆・黒大豆を自然農法で育てています。

☆たね・つち・結ぶ野菜の物語
 Happy village farmの自然農法とは、作物の歩んできた在りよう(それぞれの生理生態や人との関わり)と信州波田の風土(耕作している畑の土や地域環境の成り立ちや先人たちの積み上げ)を大切にしながら、それぞれの生きる力を栽培や食べていただく人の食卓に活かしていく農業の在り方と考えています。

 作物の「たね」は、頑なに今の姿を守るのではなく、栽培環境に応じて能力を発揮し、人間とのつきあいを通して、常に姿を変え、人との距離のとり方も変えながら、命をつなぎ続けてきました。作物にとっての自然とは人間とつきあいながら変化し続けることと言えます。Happy village farmでは、畑に適した品種を選び、各々の品種に適した育て方を心がけ、また自家育種を通して、地域や栽培環境に適した品種を育て、「たね」の歩みをつなげて行きます。

 畑のつち(土)にはたくさんの生き物が住み、地域の自然環境の一部をつくっています。地球上に2つと同じ環境はなく、畑は1枚1枚みな個性的です。「耕す」とは語源から言うと農そのものです。田畑を耕すとは、人間だけが行うものではなく、作物とそこに住む生き物たちとともにその畑固有の農的自然(耕地生態系)をつくっていくことです。それは全ての農業に備わる働きであり、耕し方に種々の方法があるだけです。Happy village farmではその畑・その作物に合った耕し方を追求し、土を豊かにし、農的自然である信州の田園風景を守っていきます。

 栽培とは「たね」と「つち」を結ぶことです。農法とは栽培の営みを繰り返し、また繰り返し続けられるように法則を見い出し、耕し続けることです。人間とともに歩んできた「たね」のなかの自然と、その畑の「つち」の自然を、どのように結んでいくか、何がそこで展開するのか・・・・・。「たね」「つち」そしてそれを「結ぶ」営みのストーリー(物語)が野菜や豆たちに詰まっています。農産物は食べる自然の物語なのです。

☆具体的な栽培手法について
 Happy village farmの作物栽培においては、化学合成された殺虫剤・殺菌剤、および全ての除草剤を使いません。肥料として化学合成された窒素分を施しません。適正な使用であれば、これらの化学物質が農産物や田畑を汚染することはないと考えますが、Happy village farmの追求する畑の自然を育てていく方法としては使わないことを選択しております。具体的な栽培技術が知りたい場合はメッセージでご質問をお願いします。


--

ロゴマークデザイン/安達茉莉(NO Dezain, inc)